お知らせ

当社は、2021年4月10日
当社は、2021年3月10日
当社の製品は、以下の5つに分
パソコンやスマートフォンのよ
独自の超硬合金金型-Tokyo-ACE

長寿命、短納期、低価格、高精度の超硬金型

ご挨拶

集合写真
2020/4/16

当社の創業は1961年に遡ります。冷間圧造(ヘッダー)金型製造販売、機械販売を主たる事業として開始しました。当時ヘッダー金型材はSKD11が多かったようです。それが1980年代になって、超硬合金が次第にヘッダー金型材として使われるようになりました。

当社は早くから超硬合金の秘めた可能性に目をつけ、超硬金型の製造を始めました。1990年以降は積極的に最新鋭の放電加工機を導入し、超硬合金への微細穴加工、深穴加工、異形加工、微細精密加工が可能となりました。

世界最小ネジなどマイクロ部品用ヘッダー金型、タップタイトねじ用ヘッダー金型、超硬ピン・パンチ、超硬製プレス金型部品、複雑形状の超硬製部品、チタン合金・イリジウム製の精密部品などの製品群ができました。それは、『できないと言わない』をモットーに、お客様の厳しいご注文に応えてきたことによるものといえます。

そして、今では他社製金型とは一味違う冷間鍛造金型もご提供できるようになりました。それが、昨今、様々なメディアで取りあげていただいている独自製法の超硬金型「Tokyo-ACE」です。長年の研究開発を経て、2011年、「世界初!?直彫りによる超硬金型の量産」を実現しました。

「Tokyo-ACE」はマシーニングセンターによる形状加工工程でラップ加工も同時に行います。結果、従来の放電加工+ラップ加工の工程を大幅に時間短縮することができ、コストダウンを実現しました。また、金型品質面では寿命の大幅向上を実現し、お客様から高い評価をいただいています。

当社はその時その時に要求される良い製品を提供し世の中の発展に役立つことが企業に与えられた使命と考えております。今や金型は中国等新興国で安価な低品質品が出回っています。製品価格を下げるためにそれらの金型を使用することはいたしかたないことなのかもしれません。ですが金型の良し悪しはお客様の品質の良し悪しを決定づけます。当社は、「メード イン ジャパン」の品質を、世界中のお客様に、低価格でご提供し、本物の金型とはどういうものなのか知っていただくことを企業使命としています。

そのため、2015年に、タイ国に金型工場を開設いたしました。まだ技術的に未熟なところもありますが、タイ人スタッフの技量は日進月歩しています。少しづつですが製造可能対象は増え、日本品質の金型をタイ国内にとどまらず、東南アジア、インド等のお客様に供給しています。

当社の高精度の超硬金型は冷間鍛造加工全般でもっとお役に立てると考えます。『より小さく、より軽く』が求められる次世代自動車、航空宇宙、半導体、医療などの部品の微細化、軽量化に向けた新たな金型技術、新材料への精密加工技術の開発を行っていきます。
これからも 『ものづくり』の底辺として常に足場を固め、『ものづくり』の開拓者として挑み続けてまいる所存です。

2017年春
東京鋲螺工機株式会社 代表取締役社長 高味寿光

QLOOKアクセス解析