精密工学会2015年度春季大会の発表が新聞記事になりました。

画像をクリックでPDFファイルを表示

 精密工学会2015年度春季大会にて日本工業大学二ノ宮研究室との共同研究成果を発表しました。
発表テーマは、「ダイヤモンド工具による冷間鍛造金型の直彫り加工」でした。その発表を2015年4月10日発行日本物流新聞の特集において引用いただきました。
当社の直彫り超硬金型「Tokyo-ACE」は長寿命、短納期、低価格、高精度としてお客様にご好評を得ています。その特徴をさらに高めるための研究を今後も行っていきます。