独自の超硬金型「Tokyo-ACE」

リベット・電気接点用金型

彫り込みパンチ金型 (リベット・接点用パンチ)

サンプル加工部位ネライ寸法

超硬合金への直彫りによる金型の量産

・ワーク材:微粒子超硬、G5、G6等
・加工機:微細精密加工機(形彫り放電加工は行わず)
・ラップレスでの鏡面仕上げ
底面の面粗さ:Ra0.050μm(ラップ仕上げと同等)

従来の製法との違い

1.加工時間を大幅に短縮、かつ24時間連続加工

[1個当たり加工時間] 従来製法:形彫り放電加工+電極製作+ラップ=50分
新製法  :直彫り                    =15分
※月産1000個以上の量産が可能。1ロット30個を連続加工。

2.大幅なコストダウンを達成

ランニングコストは従来製法と比べ、1/5~1/10。

3.品質向上を実現

放電加工のような硬化層・マイクロクラックは発生しない。
本来超硬合金のもっているポテンシャルを最大限引き出せます。

LinkIcon金型の再生

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

LANGUAGE SELECT:

  • 日本語
  • English
  • 中文
お問い合わせ

Tokyo Byora Thailandのご案内

超硬金型とは
超硬合金への放電加工
金型の再生
水没した超硬金型は使用できるか
冷間圧造加工(ヘッダー加工)とは
【加工事例】超硬合金でできた歯型
採用情報

マイナビ2017

当社登場TV・記事

当展示会・イベント情報
新入社員奮戦記ブログ
PAGETOP
Copyright © TOKYO BYORA KOKI Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.