独自の超硬金型「Tokyo-ACE」

ヘッダー金型

マイクロ部品用ヘッダーダイス

マイクロ部品用ヘッダーダイス

マイクロネジ用金型について
マイクロネジは、主に家電、携帯電話、ゲーム機、パソコンなどに使われています。
かつては当社が製造しているねじ用金型の過半はこれにあたりました。

世界最小ネジは軸径0.3ミリ、あくまで展示会用のサンプルですが当社が製造させていただきました。

当社は最小軸径0.2ミリほどまでのネジ用金型の製造が可能です。
残念なことに、これだけ小さなネジになるとドライバーで締めることができないため製造されるネジメーカーがありません。

おむすび形状金型

おむすび形状金型

下穴φ0.40の超硬合金に
M0.6サイズのおむすび形状を
形彫放電加工機により加工したもの

おむすび形状金型について
1960年代にアメリカで低締結トルク、かつ弛み防止用ねじとしてタップタイトが開発されて以来、おむすび形状のねじは世界中の様々な分野で使われてきました。
このねじは、軸断面が円形でなく、おむすびのような形をしていて、当社ではこのような形状のねじを成形する金型を総称して『おむすび金型』と呼んでいます。

当社の『おむすび金型』は国内の他メーカーより販売されているものと比べて、大幅にコストダウンされ、かつ、品質の良い画期的な金型です。
時計のムーブメントに取り付けられるM0.6サイズの極小おむすび形状ねじ製造に使われる金型などは、当社の特殊技術のひとつです。

複雑形状部品用金型

複雑形状の部品となった場合、5~10段のフォーマーが使われています。
従来このような大きな金型に関して当社に声がかかることがありませんでしたが当社の異形加工技術、深穴加工技術、精密加工技術に関心を示していただいたお客様から次第に仕上げ用の難度の高い金型をご注文いただくことが増えてきました。

複雑形状部品用金型

各種ヘッダーダイス・パンチ

各種ヘッダーダイス・パンチ

各種ヘッダーダイス・パンチ

写真はニブと呼ばれる組ダイス式金型の部品です。

ニブ穴の上部分は円形に、下部分は小判形に加工してあるので、ヘッダー加工により写真のような形状のパーツが出来上がります。

各種ヘッダーダイス・パンチ

各種ヘッダーダイス・パンチ

写真はニブと呼ばれる組ダイス式金型の部品です。
四角形状のためヘッダー加工時力が角部にかかります。
そのため力がうまく逃げるように4分割に設計。
コスト高となりますが品質、金型寿命をトータルに考えると一体型よりこの方がメリットがあります。
写真のパーツの頭下部分はこれにより成形されました。

6角割型

6角割型

6角割型

ヘッダーダイスの型式

ヘッダーダイスの型式

ヘッダーダイスの穴形状サンプル

ヘッダーダイスの穴形状サンプル

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

LANGUAGE SELECT:

  • 日本語
  • English
  • 中文
お問い合わせ

Tokyo Byora Thailandのご案内

超硬金型とは
超硬合金への放電加工
金型の再生
水没した超硬金型は使用できるか
冷間圧造加工(ヘッダー加工)とは
【加工事例】超硬合金でできた歯型
採用情報

マイナビ2017

当社登場TV・記事

当展示会・イベント情報
新入社員奮戦記ブログ
PAGETOP
Copyright © TOKYO BYORA KOKI Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.