独自の超硬金型「Tokyo-ACE」

タップタイト2000®用金型

タップタイト2000®ヘッダーダイス

TRILOBULAR™及びREMFORM®製品用ヘッダーダイス

当社は2008年よりスイスのコンチファスナーAG社のアジア・パシフィック地域における金型ライセンシーとして、同社が知的財産権を保有するTRILOBULAR™製品群及びREMFORM®ファスナーを製造するための純正ヘッダーダイスをファスナーライセンシーに供給しています。

当社はライセンサーの規格に基づき、かつ独自の超硬加工技術、鏡面加工技術を活用した精密かつ長寿命でありながらリーズナブルな価格の純正ヘッダーダイスを製造しています。

また、REMFORM®ファスナーやTAPTITE 2000®ファスナーシリーズをはじめ、TAPTITE II®, DUO-TAPTITE®, POWERLOK®ファスナーなど、ライセンサーが設定しているあるゆる種類のTRILOBULAR™及びREMFORM®ファスナーの純正ヘッダーダイスの製造が可能です。

TAPTITE 2000®ファスナーについて

TAPTITE 2000®ファスナーは、従来のTAPTITE II®ファスナーとDUO-TAPTITE®ファスナーのそれぞれの利点を一つに集約し、ねじ込み性能及び締結性能を大きく向上させた最先端のスリッドローリングファスナーです。TAPTITE 2000®シリーズには、TAPTITE 2000® “SP”™ , TAPTITE 2000® “CA”™, FASTITE® 2000™, MAGTITE® 2000™ ファスナーがあり、アプリケーション毎に最適なファスナーが選択できます。既にアメリカやヨーロッパの自動車産業やエレクトロニクス、家電業界などにおいて幅広く使われています。

TAPTITE 2000®ファスナーについて上記をクリックすると、メーカーPDF資料へアクセスします

タップタイト2000®ヘッダーダイス

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

LANGUAGE SELECT:

  • 日本語
  • English
  • 中文
お問い合わせ

Tokyo Byora Thailandのご案内

超硬金型とは
超硬合金への放電加工
金型の再生
水没した超硬金型は使用できるか
冷間圧造加工(ヘッダー加工)とは
【加工事例】超硬合金でできた歯型
採用情報

マイナビ2017

当社登場TV・記事

当展示会・イベント情報
新入社員奮戦記ブログ
PAGETOP
Copyright © TOKYO BYORA KOKI Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.