独自の超硬金型「Tokyo-ACE」

固有技術

当社の得意加工技術

当社の得意加工技術上記をクリックすると拡大します

微細・深穴加工

サンプル①は直径0.18ミリ、深さ4ミリの極細穴の冷間圧造用超硬金型です。
半導体リードピンの成形用とうかがっています。
最小穴径は、0.1ミリが限界です。0.1ミリの場合は深穴はさすがに厳しく1ミリほどまでですが通常はアスペクト比40~50倍までは製造が可能です。
当社のこのような微細・深穴加工技術はミクロの世界に突き進んでいる医療や航空宇宙、半導体関係の精密部品等に応用できると考えています。

微細・深穴加工

サンプル①

微細・深穴加工

サンプル②
直径0.1ミリ、深さ1ミリの穴を
形彫り放電加工で穿っている。

微細・深穴加工

サンプル③
下穴は直径0.22ミリ、深さ10ミリ。
穴全面にラップ加工を施している。

 異形穴加工

異形穴加工

異形穴加工

微細な異形穴加工は当社の得意とする分野です。ニゲ部を造ることもできます。
超硬に微細な異形穴加工をするには、形彫り放電用電極をその形状にしなければなりません。

たとえ形状ができても金型の表面精度が高くなければヘッダー加工時摩擦が大きすぎて金型の寿命は短くなりかねません。そのため形彫り放電加工用電極の面粗度も高いものが求められます。
また、複数の電極をどのように使うか、全体の加工工程を設計する力も必要です。

当社はそういったことすべてを考慮し、電極形状を3次元CAD-CAMで作成をします。
そのデータを元に、電極をマシニングセンタ、微細精密加工機等を駆使し、短時間で加工します。
異形穴加工はその企業が持つ電極設計から実際の加工までの総合力が問われる分野です。

下記の写真は扇形状頭のパーツを成形するための金型です。このような異形状のため金型にかかる負荷が厳しく金型寿命は落ちますので取り替えがきくように、上ニブ構造にしてあります。

扇形状頭のパーツを成形するための金型

扇形状頭のパーツを成形するための金型

サンプル④

写真にカーソルを移動していただくと写真を拡大することができます

左の写真は扇形状頭のパーツを成形するための金型です。このような異形状のため金型にかかる負荷が厳しく金型寿命は落ちますので取り替えがきくように、上ニブ構造にしてあります。

 ラップ加工(鏡面加工)

ラップ加工(鏡面加工)

サンプル⑤

ラップ加工(鏡面加工)

サンプル⑥

サンプル⑤・⑥は穴内部にどのような加工をしているかご覧にいれるため、ヘッダーダイスを2つに割ったものです。極細穴でも穴内面にはラップ加工を施し、鏡面状態に仕上げることができます。

ラップ加工は金型の生命線であり、日本人の手先の器用さがまさに生きる領域です。その技術を身につけるまで5年はかかると言われます。当社はその技術をしっかり伝承していくために上は63歳から19歳新入社員まで幅広い年齢の者が日々腕を磨くことにいそしんでいます。

形状によっては機械をいかに活用するかが効率性を追求する上で大切なことです。

サンプル④のような複雑な異形穴の場合は、職人の手によっても手間暇がかかりますので流体研磨装置等を活用して効率的に鏡面状態に仕上げています。

当社はラップ加工のみのご依頼もお受けいたします。お困りのことがおありでしたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

超精密加工

超精密加工

サンプル⑦

サンプル⑦は超硬合金のピンの先に極小のクフ王ピラミッドをのせたような形状を施したパンチです。
先端は一辺20ミクロンの正方形でこの部分の面粗度へのお客さまの厳しいご要求に苦労しました。
当社はお客さまの様々なご要望に合わせ提案し、最適な加工方法を選択します。

超精密加工

超精密加工

サンプル⑧

サンプル⑧は材質SKH51、使用部(縦)長さ6.31ミリ、4分割ニブタイプの特殊形状金型。
右はニブと固定冶具を組み立てた後の写真。

超精密加工サンプル⑨

上の写真にカーソルを移動していただくと
写真を拡大することができます。

サンプル⑨は材質NAK55、直径5.55±0.02ミリの半球面に、マシニング加工により5ヶ所R0.25±0.02、深さ0.15±0.02の穴を彫りました。

超精密加工

サンプル⑩

上の写真にカーソルを移動していただくと
写真を拡大することができます。

サンプル⑩は材質SKH51、ピン先突起部分はレーザー加工により彫りだし、ラップ加工を施し仕上げました。

超精密加工

サンプル⑪

上の写真にカーソルを移動していただくと
写真を拡大することができます。

サンプル⑪はあくまで加工サンプルです。
ワイヤーカット放電により、メス部分とオス部分を別々に加工しました。
ワイヤーカットはこのように隙間が寸分もない状態に仕上げることができます。

チタン合金への放電加工

チタン合金への精密加工

チタンやチタン合金等の難削材への精密加工をおこなっています。
当社はお客さまの様々なご要望に合わせ提案させていただき、最適な加工方法を選択いたします。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

LANGUAGE SELECT:

  • 日本語
  • English
  • 中文
お問い合わせ

Tokyo Byora Thailandのご案内

超硬金型とは
超硬合金への放電加工
金型の再生
水没した超硬金型は使用できるか
冷間圧造加工(ヘッダー加工)とは
【加工事例】超硬合金でできた歯型
採用情報

マイナビ2017

当社登場TV・記事

当展示会・イベント情報
新入社員奮戦記ブログ
PAGETOP
Copyright © TOKYO BYORA KOKI Co.,Ltd All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.